読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も今日とて

ちらほら知り合いくらいにブログをやってる人や始めた人たちがいて、なんとなく興味がでたので始めてみた。友達じゃなくて知り合いくらいだから興味が持てたのかもしれない。

いつまで続くのかはわからないけども。


ブログだなんだと言っても勝手も分からないし、他の人がやっているみたいに日々の中から面白いテーマを見つけてウィットに富んだ記事を書く、なんてことはできそうもないのでまぁ普通の日記になるんだろうな。


そういうわけで今日は記念すべき初日記なので日記らしく今日のことを書いてみようと思う。



今日はというと冬にしてはなかなかに暖かい日曜日で、いい日和だったから散歩でもしたかった。

ただ留年して大学5年目・内定無しフリーターまっしぐらの大学生にそんな暇はないらしく、大人しくこの学生生活最後になってほしいテスト期間、真っ当に試験勉強やらレポート作成やらしてやろうと昨日のうちから決めていた。


午前中には大学図書館に着き、目当ての教科書となる本を探して借りた。ハードカバーのものが9冊。それなりに、というかだいぶ重かった。借りてから少し目を通すと、うち2冊は全くもって試験対策に使えなかったので借りて1時間もせずに返した。残り7冊。やっぱり重い。


男は荷物が少ないから鞄も小さいし軽くて女の人は色々と物を詰めがちで鞄が重い、なんて話をどっかで聞いたことある気がするけれどあれは嘘なんだろうなと毎日ずっしり重いリュックを背負いながら思っている。もしかしたらそんな話はそもそもなかったのかもしれない。


失敗するのが嫌だというか、なんか思いついた時にできないのが嫌だという理由で僕のリュックにはモノが多いのだ。

中古で買った読みかけの文庫本が4冊、実は僕はドラマーでもあるので練習したくなったとき用にドラムスティックと練習パッドも入っていて、あとは読みかけの雑誌だったり使い捨ての歯ブラシだったり制汗剤だったり。中古の本が4冊も入っているのはやっぱり同じ理由で、別のものを読みたくなったときにないと嫌だから。

今日はそれに加えて、図書館で借りた本が7冊。それからどうしても図書館で見つからなかったのでしぶしぶ買った文庫本が1冊、探すついでに寄ったブックオフで元フジファブリック志村正彦の『東京、音楽、ロックンロール』が1冊。

数えてみると本だけで計13冊も入っていた。そりゃどうしても重くもなるわけで。

ドラム練習セットはさすがに重すぎたので今日ばかりは大学の部室に置いてきた。


そうして重いリュックを背負いながら、本を探して買い、ようやく勉強してやろうと家の近くのサイゼリアに腰を落ち着けて、いまこの記事を書いている。

わかっているかもしれないが結局今日はまだなんにも試験勉強とやらをしていないわけで。

今も今とても携帯片手にこの記事を書いているわけで。


課題の本を読んでみたけれど、どうしても眠くなってしまうので志村の本を読んでいた。

志村の本、といっても彼の当時のブログを集めたものがメインで、それに何個か記事が追加されているものらしい。


冒頭で 周りの人が〜、なんて言ったけど単純に志村のブログを読んでいたら自分もブログを始めてみたくなったというのがほんとのところ。なんだか恥ずかしいので言い訳がましくネタばらし。


たいして今日も今日とてなにもしていないのに、こうもダラダラと書いてしまって…誰も興味ないでしょうに。


日記というか僕の鞄が重いだけの話になってしまったけど、これ以上長くてもなぁと思うので今日はこんなところで。なんとなく長く続けられたらなぁと思う。

誰が見てくれるのかもわからないけれど。


あと初めて長々と文章を書いてみてわかったのは文体がごちゃごちゃになるなぁと。なんか気持ち悪く思われたら申し訳ないけれど初回だし許してくださいな。直すのも面倒なので。